古都ブログ

古都ブログ

廣野了頓邸跡

  1. 1update

三条衣棚通りを下がったところに
「廣野了頓(ひろのりょうとん)邸跡」の碑があります。
安土桃山時代の著名な茶人、廣野了頓の屋敷があった場所です。

かつて、このあたりでは清水が湧いていたらしく
民家の裏には「了頓井」という井戸もありました。

廣野家は足利家の従臣で
義晴、義輝の時代にこの地を領有していました。
その末裔である廣野了頓は
ここに茶亭を構えて茶道を広めたそうです。

当時、豊臣秀吉や徳川家康も了頓邸を訪れて
お茶を楽しんだそうですよ。

菁々塾跡

  1. 1update

「菁々塾跡(せいせいじゅくあと)」という石碑が
高倉錦小路にあります。

菁々塾とは、幕末から明治の頃
西谷淇水(にしたに きすい)という寺子屋経営者が立てた私塾です。

菁々塾はその後「菁々堂」、「私立菁々校」と名前を変えて
私立学校として続きましたが、
昭和の始めに廃校になったと言われています。

知名度はとても低い西谷淇水ですが
京都の番組小学校という、日本最初の小学校を開設し
四番組小学校(現在の高倉小学校)の教員を務めたなど
京都の初等教育の基礎を作った、密かに偉大な人物です。

八坂庚申堂

  1. 1update

八坂庚申堂(やさかこうしんどう)は
八坂の塔の近くにある小さなお寺です。

中に入るとまず、目に飛び込んでくるのが
「くくり猿」というカラフルなお守り。
猿は「欲望のままに行動すること」の象徴らしく
猿が手足をくくられることで欲望を縛り
「欲を1つ我慢する事で願い事が叶う。」という意味だそうです。

お手玉のようなお守りが
沢山吊るされている姿が人気で
話題の撮影スポットにもなっています。

境内には、見ざる、言わざる、聞かざるの
3匹の猿の置物もいっぱいです。
探してみるのも楽しいですよ。

上賀茂神社の社家町

  1. 1update

上賀茂神社の東隣に
風情漂う「社家町(しゃけまち)」が広がっています。

「社家」は代々神職を世襲してきたお家のことです。
昔は大きな神社はそこに仕える神職者が
神社のそばに住むことが多かったんですね。

いまでは20軒ほどになっていますが
江戸時代には275軒もあったとか。
それでもこの規模で現存しているのは、珍しいことだそうです。

上賀茂神社の境内を流れる川は、禊が行われるというくらい神聖なもの。
その川が外へ流れ出ているのが、社家町を通る「明神川」です。
神聖な小川と、土塀の奥には美しいお庭の緑。
静かで美しく、とても京都らしい風景です。

このあたりを散歩するだけでも心が洗われそうですね。
上賀茂神社を参拝するときは、ぜひ「社家町」も散策してみて下さいね。

八坂の塔

  1. 1update

「八坂の塔」は、法観寺に建つ五重塔です。
法観寺自体はそれほど有名な観光スポットではありませんが
「八坂の塔」といえばピンと来る人も多いくらい
京都を代表する景観のひとつです。

八坂通りから眺める八坂の塔は絶景で
石畳の細い路にそって古民家風の建物が並ぶなか
通りの奥に凛と建っている姿は
まさに京都の風情、といった雰囲気です。

今は手前にある枝垂桜も開いてきています。
実は桜の木と八坂の塔との組み合わせを楽しめるポイントって
意外と少なく、貴重なんですよ。

東山のシンボル的存在である八坂の塔を
眺めながら歩く八坂通は、お勧めです。

1 / 41234

Pagetop