古都ブログ

古都ブログ

壬生寺の除夜の鐘

  1. 1update

寒波の影響でより一層寒さが厳しくなる京都ですが、
今年も残すところあと3日となりました。

大晦日から元旦にかけて、
全国のお寺では除夜の鐘が鳴り響きます。

除夜の鐘をつく理由は、
人の心にある煩悩(迷い・悩み・苦しみ)を追い払うためと言われています。
仏教では、人には108つの煩悩があると考えられており、
鐘をつくことでその煩悩を取り去り、
くる年はよりよい年であるようにと祈願します。

新選組ゆかりのお寺で有名な壬生寺でも鐘つきが行われます。
壬生寺では、一打に約10人くらいの人で綱を引き鐘をつきます。
嬉しいことに、先着300名様に甘酒の無料接待があるそうですよ。

2340から鐘つきが始まるそうなので、
ぜひ除夜の鐘で今年1年の煩悩を祓って、
皆様よいお年をお迎えください。

伏見稲荷大社

  1. 1update

 

伏見稲荷大社は、全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本宮です。
稲荷山全体が神社の神域になっており、
隅々まで見学するとちょっとした山登り気分を味わえます。

伏見稲荷大社のシンボルといえば、朱色の鳥居がズラッと並ぶ「千本鳥居」。
千本鳥居のある辺りは神の降臨地である山の入り口にもあたり、
現世から神様のいる幽界へと続く門として多くの鳥居が
建てられたのが始まりとされています。

奉納した理由に関しては、千本鳥居の意味に直接通ずるようで、
なんでも鳥居を献ずることによって、
願いが「通る」という語呂合わせから生まれた信仰だそうです。

ちなみに、千本鳥居といいながら、稲荷山全体の鳥居は1万基ほどあるそうで、
その数は今も増え続けているそうです。
また、歴史があるということで鳥居の劣化も激しく、
1日に3本ほどは新しく建てたり修理しなければならないのだとか。

一度訪れたことがある人も、意味と由来を知ったうえで、
もう一度訪れてみてはいかがでしょうか。

下鴨神社糺の森

  1. 1update

世界遺産に登録されている下鴨神社の境内には、
広さ3万6千坪の太古の自然を遺す「糺の森」が存在しています。
その昔は150万坪という広大な森だったという。

樹齢6百年から2百年の樹木が約6百本にも数えられ、
森林生態学、環境学などの学術分野からも、
たいへん貴重な森とされています。

また、「源氏物語」や「枕草子」にも謳われており、
古くから景観の美しさを愉しむ場としても親しまれてきました。

現在では、イベントの催しなどもされており、
人々の憩いの場として利用されています。

今週末の1215()16()には、
糺の森で手作りの雑貨や食べ物のブースが並ぶ
「森の手づくり市」が開催される予定です。

また、同時に森の音楽会も開催されるようで、
さまざまな作家さんやアーティストの方が集う
楽しい2日間になりそうですね。

北野天満宮の南天

  1. 1update

梅と紅葉の名所で有名な北野天満宮ですが、
梅の花が見頃を迎える前に境内のあちらこちらには
南天の真っ赤な実がなりはじめています。

南天は昔から、「難(南)を転(天)じて福をなす」
という意味合いがあり、
縁起の良い木として古くから庭木として親しまれています。

戦国時代には戦の勝利祈願に使われたり、
魔除けや火災よけの効果がある植物として重宝されてきました。

現代でも南天の実を煎じて飲むと咳止めに効果があり、
のど飴の原料として使われていたり、
お正月の飾りや庭木としてもよく目にします。

例年の北野天満宮の南天の実の付き始めは、12月中旬頃から。
そして、見頃が1月上旬から1月下旬となっています。

Pagetop