古都ブログ

古都ブログ

古川町商店街

  1. 1update

地下鉄東西線東山駅からすぐのところにあるレトロ商店街。
古川町商店街は、若狭街道(鯖街道)の一部である古川町通にあります。

その歴史は、安土桃山時代以前より若狭街道として南北に通っており、
長い間廃道のまま田畑にされておりましたが、
1666年に復旧されました。

明治時代以降に食料品・日用品を扱う商店が軒を連ね、
“東の錦”もしくは“京の東の台所”と
呼ばれるほどに繁盛を極めました。

現在では、南北約300メートル、約50軒の商店が立ち並ぶ
昭和の雰囲気漂うレトロ商店街として、
たくさんの方々に親しまれています。

京都マラソン2019

  1. 1update

先日、217日(日)に京都市内で
8回目の「京都マラソン2019」が開催されました。

約1万6千人のランナーが参加し、
西京極陸上競技場からゴールの平安神宮を目指し、
大勢の声援が響く中駆け抜けていきました。

大会スポンサーをはじめとする各種ブースや
京都の有名料理店の屋台、お茶席など、
ランナー以外の人も楽しめるようになっています。

走るのはちょっと・・・という方も
ぜひ声援を送る側で参加されてみては?
誰かを元気づけようと応援している側が
逆に元気や感動をもらえますよ。

東寺の五重塔

  1. 1update

 

東寺の五重塔は東寺だけではなく、
もはや京都のシンボルともなっている塔です。

高さは55mもあり、木造塔として日本一の高さを誇ります。

826
年に空海が創建に着手しますが、
完成したのは空海没後の9世紀末でした。
50年もかかった難工事でしたが、
なんと4年後には落雷によって焼失してしまいます。

その後も雷火や不審火で4回焼失し、
現在の塔は1644年に徳川家光の寄進で建てられた5代目です。

塔内には、弘法大師空海が唐より持ち帰った
仏舎利が納められているそうです。

 塔の内部は普段は非公開となっていますが、
年に2回程特別公開され、塔の初層内部をみることができます。

豊国神社

  1. 1update

全国にいくつか豊国神社という社名の神社はありますが、
いずれも豊臣秀吉公(豊国大明神)を祀っており、
その総本社が京都東山にあります。

豊臣秀吉が一代で農民から天下人にまで上り詰めた出世パワーから、
仕事運・就職・転職・勝ち運などにご利益があるとされています。

本殿の正面には、重厚感のある国宝の唐門があります。
西本願寺・大徳寺の唐門を併せて『国宝の三唐門』と呼ばれています。
扉の下の方には鯉の滝登りの彫刻がされており、
これは中国の故事にある「登竜門」を示し、
「立身出世」を意味しています。

造営当初は門全体に黒く漆が塗られ、
あちこちが金箔で飾られていたそうです。
まさに豪華絢爛な桃山時代の建築を象徴していますね。
金箔は一部少しだけ残っているところもあるので、
目を凝らすと見つけられるかもしれませんよ。

松尾大社

  1. 1update

 

松尾大社は西京区にある、大宝元年の701年に建てられた神社です。
神像も数多くあり、重要文化財として指定されています。

松尾大社では、23日に節分祭が催されます。
石見神楽の奉納や鳴弦引目神事、四方奉射神事、
福男・福女による福豆撒きが行われます。

豆撒きでは、鬼が出てきて、鬼が手に持っている「鬼棒」で
みんなの頭をポンポンしたり、子供が抱っこされて大号泣していたりと
会場はかなり盛り上がります。

ぜひこの機会に厄払いをしに、松尾大社へでかけてみてはいかがでしょう。 

Pagetop