古都ブログ

古都ブログ

南禅寺水路閣

  1. 1update

京都市左京区にある「南禅寺」の
三門を向かって少し右に歩いていくと
撮影スポットでも大人気の「水路閣」があります。

水路閣は東京遷都後、京都を復興させるために
琵琶湖の湖水を京都へ引いた「琵琶湖疏水事業」に伴って
1888年に完成されました。

レトロな赤煉瓦作りや、アーチ型の橋脚は
南禅寺境内を通過するという理由から
景観に配慮して田辺朔郎が設計・デザインしたもので
高さ9メートル、全長は93.2メートルにもなるそうです。
ローマ遺跡のような西洋建築と
日本の禅寺のなかで最も格式が高いといわれる南禅寺の空間とが
絶妙に調和しているのが面白いですね。

水路閣は登ることが出来ます。
正面にある階段を上がって行くと
疎水の流れを見ることができるので、是非試して下さいね。

銀閣寺

  1. 1update

観光で人気の銀閣寺は、京都市左京区にあります。
「銀閣」という呼び名は金閣寺と対比して使われたもので
正式には「東山慈照寺(じしょうじ)」といいます。
室町幕府八代将軍、足利義政の隠居所として建てられました。
足利義政は、茶道、華道、建築、絵画、芸能など
多くの文化を支援した文化人として有名でした。

参道を抜けるとまず現れるのが
銀閣である「観音殿」。上下の二層になっていて
下層は書院造の住居、上層には観音菩薩が安置されています。
よく見ると屋根の上には、
天下泰平の象徴である「鳳凰」が立っていて
観音菩薩の安置を守り続けています。

円錐型の「向月台(こうげつだい)」は
上に座って東山に昇る月を観賞するために
作られた、という説があり
白砂が月明かりで銀色に輝くと言われています。

金閣寺と比べると一見地味な印象の銀閣寺ですが
詫び・さびを感じさせる、落ち着いた空間は
一見の価値ありですよ。

ワグネル博士顕彰碑

  1. 1update

岡崎公園の一角に、大きな石碑がひっそりと立っています。
石碑になっているのは「ワグネル博士」。

ワグネル博士はドイツの化学者で、
「ゴットフリード・ワグネル」という名前です。
明治初期、京都は東京遷都で落ち込んでいた時に
何とかして京都に力を持たせようと
日本で最初に化学を学べる場所「舎密局(せいみつきょく)」を作り
ワグネル博士はそこの教師として招かれました。

石鹸、ガラス、飲料の製造など生活に根ざしたものから
陶磁器や京七宝のような伝統産業にまで影響を与えたことから、
「京都の近代工業の祖」と讃えられています。
あの島津製作所の始祖、島津源蔵氏も
ワグネル博士に影響を受けた一人だそうです。

日本の近代化に貢献した外国人の石碑が
こんなところにあったなんて。
ゆっくり歩いてみると色々な発見がありますね。

東本願寺

  1. 1update

京都駅から北へ10分程歩いたところにある東本願寺。
浄土真宗「真宗大谷派」の本山で、
正式名は「真宗本廟(しんしゅうほんびょう)」です。
慶長7年(1602)に創建され、
その後何度も火災で焼失しては、再建されています。

東本願寺といえばとてもスケールが大きく、
「御影堂」は高さ38m、南北76m、東西58mという
世界最大級の木造建築です。
御影堂には、宗祖である親鸞の御真影が安置されています。
写真は京都三大門のひとつである「御影堂門」をくぐっているところ。
お堂も門も、大きすぎて写真におさまりません。
一歩足を踏み入れると、建物の大きさ、装飾の美しさに圧巻です。

因みにここのお堀にはアオサギが居ついていて、
ちょっとした名物になっています。
近づいても全く動じずに、スラッと優雅に立っているので
歩行者によく写真を撮られていますよ。

御影堂をはじめ、境内は殆ど無料で拝観出来ます。
3月から10月は、朝550分から入ることが出来るので、
早朝の空いている時間帯に、大きな文化財の
悠々とした空間を味わいに出かけるのも良いですね。

Pagetop