古都ブログ

古都ブログ

有栖川宮旧邸

  1. 1update

「有栖川宮(ありすがわのみや)旧邸」は
京都御苑の南西側にあり
御苑周辺に幾つか残っている、公家屋敷跡のひとつです。

有栖川宮は、江戸時代の1625年に
後陽成天皇の第七皇子である好仁(よしひと)親王によって創設され
大正まで約300年間続きました。
歴代、歌道や書道を極め、皇室からの信任も篤かったそうです。

建物は2007年まで京都地方裁判所長官の官舎として使用された後
現在は「有栖館」として、平安女学院大学の所有になり
茶道、華道、香道、着付けの実習など、
市民講座の場としても利用されています。

写真は烏丸通りに面している「青天門」。
ケヤキ一枚板の立派な唐門で、
大正期の門建築として高い価値があります。
書院造のお屋敷や
「植治」11代目の作庭家、小川治兵衞氏によって
整備された庭園も、見どころですよ。

通常は非公開ですが、春と秋に
京都御所の一般公開の時期に特別公開されます。
春は枝垂れ桜が見られる場所でもあるので、開花の時期に合わせて
公家屋敷跡巡りをしながら楽しむ御苑散策もおすすめです。                 

八坂神社

  1. 1update


観光でも人気があり、地元の人には「祇園さん」と親しまれている八坂神社は
平安時代から続く歴史ある神社で
スサノオノミコトを祀る、全国の八坂神社の総本社です。

見所がたくさんある八坂神社ですが
なかでも境内の中央にある「本殿」は重要文化財で
現在の建物は1654年に徳川四代将軍家綱が再建したものです。
本殿には伝説があり、「真下に大きな池があって
そこに青龍が住んで土地を守っている」と言われています。
平安時代の陰陽道によると、都は「四神」という聖獣に東西南北を守られていて
八坂神社のある東山の地を守護しているのが青龍だとか。

青龍の描かれた珍しい御朱印もありますよ。
ここでしか頂くことができない限定ものなので
御朱印好きな方には、おすすめです。

八坂神社のイメージといえば、四条通り突き当たりの
朱塗りの立派な「西楼門」に目が行きがちですが
本殿を参拝して、京都の東を守る青龍の
太古から続くご利益に想いを馳せてみるのも面白いですね。

青蓮院門跡

  1. 1update

青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)は京都市の東山区にあり、
知恩院から北へ歩いて数分のところにあります。

開基は天台宗で有名な最澄で、
三千院、妙法院と共に比叡山延暦寺の三門跡の一つとして知られています。
因みにこの「門跡」というのは、
皇族・公家が住職を務める、格式ある寺院のことをいいます。

見どころは写真2枚目、相阿弥の庭(そうあみのにわ)で
室町時代の絵師、相阿弥の作と言われています。
「龍心池」といって、龍の背のように池の中央に大きな石が配置されているんです。
また、境内には樹齢800年の大きなクスノキもあり
京都市の天然記念物に指定されています。

本堂では小川のせせらぎが聞こえてきたり
四季や自然を感じられるので女性に人気のスポットでもあります。
冬は雪が積もった姿も美しいのですが
暖冬の今年は果たして、降るんでしょうかねえ。
京都観光の際は、ぜひ行ってみてくださいね。

京都四條南座

  1. 1update


祇園のランドマーク、「京都四條南座」。
歌舞伎発祥の地で400年以上も歌舞伎を上演してきた、日本最古の劇場です。

レトロな外観は「破風造」という桃山文化の建築様式で、
国の登録有形文化財になっています。
2018年に耐震補強のための改修工事が完了したところですが
特徴的な外観や内装は保存修復して改修されたそうで、
歴史ある雰囲気は従来のまま残されています。

南座といえば、年に一度東西の歌舞伎役者が集まる「顔見世興業」。
毎年1125日前後の吉日に、出演する役者の名前が書かれた
「まねき」看板が正面入り口の上の方に上がります。
勘亭流(かんていりゅう)という、筆太で丸みを帯びた書体で有名ですね。
この冬の公演は終わってしまいましたが、
南座の劇場前がよりいっそう華やかで賑やかになる、冬の京都の風物詩です。

Pagetop