古都ブログ

古都ブログ

還幸祭

  1. 1update

祇園祭も終盤を迎え、
先日724日に還幸祭が行われました。

四条寺町にある御旅所に、
八坂神社から迎えた三基の神輿が安置されていました。

還幸祭は、御旅所に滞在していた神様が八坂神社に還る神事です。
三基の神輿が御旅所を出発して、
それぞれ所定のコースを巡行し、八坂神社へと戻り祭典を行ないます。

優雅な山鉾巡行とは対照に、
「ホイット、ホイット」の掛け声とともに勇壮で激しいのが神輿渡御。

神輿を天に向かって高々に持ち上げる「差し上げ」、
差し上げて右回りに回転させる「差し回し」の瞬間が
一番の見どころになっています。

函谷鉾 山鉾巡行

  1. 1update

祇園祭のハイライトともいえる山鉾巡行が
先日717日に行われました。

弊社のご近所、四条烏丸を少し西に入ったところで
くじ取らずの鉾として毎年5番目に巡行する函谷鉾を見ることができました。

函谷鉾の由来は、紀元前270年頃、
中国4君の一人に数えられる政治家の孟嘗君(もうしょうくん)が
部下による鶏の鳴き声の真似によって函谷関を脱出でき、
一命を取り留めたという故事に因んで名付けられています。

鉾を飾る美しい工芸品や染織品の数々。
その豪華絢爛な様子から「動く美術館」ともいわれています。

前祭では23基の山鉾が京都市内を練り歩き、
曲がり角で山鉾が方向転換する「辻回し」の瞬間には、
歓声が上がるなど盛り上がりをみせていました。

長刀鉾 祇園囃子

  1. 1update

長刀鉾の町会所では、宵山や山鉾巡行に向けて
「コンチキチン」の呼び名で知られるお囃子の練習が行われています。
年中通して練習は行われていますが、特に祇園祭の期間は力を入れており、
7月に入ると連日連夜3時間以上の練習が続きます。

演者は「囃子方」と呼ばれ、
「太鼓」・「笛」・「鉦(かね)」の3つのパートにわかれます。
太鼓が全体の統制をとり、笛は旋律を奏で、鉦はあの独特な音色を響かせます。

太鼓や笛は口伝による伝承の部分が大きく、
鉦のパートを理解していなければ演奏することができません。
そのため、囃子方になる人は10歳ごろから練習を始め、
最初は全員鉦を担当し、およそ15年の経験を積んだ後、
やっと太鼓か笛のパートを担当することができます。

また、長刀鉾のお囃子は約30曲もの曲目があり、
シーンごとに使い分けられます。

曲目も多く、大人数で息の合った演奏をするためには
それ相応の練習と経験が必要なんですね。

みたらし祭

  1. 1update

 

京都の下鴨神社で毎年7月に行われているみたらし祭。
「足つけ神事」とも言われており、
下鴨神社境内の御手洗池(みたらしいけ)の湧き水に足を膝まで浸して、
罪やけがれを祓って無病息災を祈るお祭りです。

今年は7月19日(金)~28日(日)に開催され、
1年のうちこの期間中だけ御手洗池に入ることができます。

“みたらし”と聞くと、みたらし団子を思い浮かべてしまいますが、
本当にみたらし団子の由来になっているんだとか。
御手洗池は土用の丑の頃になると、地下からの湧水の量が増え、
水泡を発生させるようです。
その泡の見た目を模して、「みたらし団子」が生まれたそうです。

みたらし団子発祥の地ということで、当日は屋台が出ているそうですよ。

Pagetop