古都ブログ

  1. HOME
  2. 古都ブログ

古都ブログ

上賀茂神社の社家町

  1. 1update

上賀茂神社の東隣に
風情漂う「社家町(しゃけまち)」が広がっています。

「社家」は代々神職を世襲してきたお家のことです。
昔は大きな神社はそこに仕える神職者が
神社のそばに住むことが多かったんですね。

いまでは20軒ほどになっていますが
江戸時代には275軒もあったとか。
それでもこの規模で現存しているのは、珍しいことだそうです。

上賀茂神社の境内を流れる川は、禊が行われるというくらい神聖なもの。
その川が外へ流れ出ているのが、社家町を通る「明神川」です。
神聖な小川と、土塀の奥には美しいお庭の緑。
静かで美しく、とても京都らしい風景です。

このあたりを散歩するだけでも心が洗われそうですね。
上賀茂神社を参拝するときは、ぜひ「社家町」も散策してみて下さいね。

八坂の塔

  1. 1update

「八坂の塔」は、法観寺に建つ五重塔です。
法観寺自体はそれほど有名な観光スポットではありませんが
「八坂の塔」といえばピンと来る人も多いくらい
京都を代表する景観のひとつです。

八坂通りから眺める八坂の塔は絶景で
石畳の細い路にそって古民家風の建物が並ぶなか
通りの奥に凛と建っている姿は
まさに京都の風情、といった雰囲気です。

今は手前にある枝垂桜も開いてきています。
実は桜の木と八坂の塔との組み合わせを楽しめるポイントって
意外と少なく、貴重なんですよ。

東山のシンボル的存在である八坂の塔を
眺めながら歩く八坂通は、お勧めです。

菊水の井跡

  1. 1update

室町通を四条通の近くまで来たところ。
室町時代、このあたりには夷をお祀りする社があり
境内に「菊水の井」という名水の井戸がありました。

千利休の師匠、武野紹鴎(たけのじょうおう)が
この名水をこよなく愛し、ここで庵を営んで
お茶を点てるときに使っていたと言われています。

因みに祇園祭の「菊水鉾」もこの井戸から名づけられました。

平成15年まではここに能楽堂があって
井戸も残っていましたが
能楽堂の移転と同時に井戸は無くなり
今はこの石碑だけが立っています。

道を歩いていると何かしら石碑が立っている京都ですが
祇園祭で何度もこの辺りを通っているのに
全然気づきませんでした。

この「菊水」にちなんで作られた
「したたり」 という和菓子もありますよ。
まだ気が早いですが、祇園祭の頃になったら
チェックしてみてくださいね。

京阪バス発祥の地

  1. 1update


京阪伏見桃山駅と近鉄桃山御陵前駅の間のビルの緑地帯に
「京阪バス発祥之地」と書かれた大きな石碑があります。

「京阪バス」は「桃山自動車」として大正11年に始まり
当時は京阪伏見桃山駅から伏見桃山御陵までの
800メートルを、参拝客を輸送するために
自動車11台でハイヤー営業をしていたそうです。
その後合併や分離を繰り返して
現在の「京阪バス株式会社」になりました。

京都、大阪、滋賀、奈良を走る京阪バスも
元々は800メートルの輸送から始まったのかと思うと
千里の道も一歩からですね。

現在は伏見桃山駅前では京阪バスの乗入れはありませんが
バスファンにとっては有名な場所なのかもしれません。

金閣寺

  1. 1update


世界文化遺産である金閣寺は
舎利殿「金閣」が有名なため金閣寺と呼ばれていますが
正式には「鹿苑寺(ろくおんじ)」といいます。
アニメ「一休さん」にも出てくる「将軍さま」こと足利義満が
この地を気に入って、別荘として建てたのが始まりです。

舎利殿は三層になっていて
二層目と三層目がびっしり金箔で覆われているんですが
ほんとうに金色に輝いていて、豪華で煌びやか。
将軍の力が強かった時代を感じさせます。

金閣を囲むようにある池は「鏡湖池(きょうこち)」といって
極楽浄土の世界にある七宝の池をイメージしてつくられたものです。
金閣を鏡のように逆さに映すことから「逆さ金閣」といい
四季ごとに変わる金閣の景色が水面に映し出され、美しいです。

桜が満開の時期の金閣寺も綺麗ですよ。
修学旅行以来訪れていないという方も
改めて訪れてみると、また違った見方ができるかもしれません。

1 / 2712345...1020...最後 »

Pagetop