古都ブログ

古都ブログ

許波多神社

  1. 1update


許波多神社(こはたじんじゃ)は京都府宇治市にあり
大化の改新の頃(645年)に孝徳天皇が中臣鎌足に命じて創建されたといわれています。

本殿は室町時代の建築で、三間社流造。
国の重要文化財に指定されています。

当時、社殿から続く道で競馬(くらべうま)の神事が行われていたことから
「競馬発祥の神社」とされ、
勝馬御守というお守りもあり
馬主や競馬ファンの間では今でも信仰を集めています。

ひっそりとした入り口から一の鳥居をくぐり
少し長い参道を歩くと
鮮やかな朱塗りの二の鳥居と社殿が、とても美しいですよ。

竹林寺

  1. 1update

 

上京区にある竹林寺は
JR「円町駅」から5分ほど歩いたところに建っていて
「達磨寺」として有名な法輪寺のすぐ向かいにあります。

お寺の門って、通常は黒っぽい色をしているイメージですが
こちらはちょっと珍しい、ハッと目を引く朱色。
鎌倉時代に創建された当初は赤くなかったようですが
室町幕府の初代将軍である足利尊氏が再建した時に朱塗りになり、
以来「赤門(あかもん)の竹林寺」という呼び名で親しまれています。

この竹林寺のもうひとつの見所といえば
六角獄舎(ろっかくごくしゃ)殉難志士のお墓。
六角獄舎殉難とは、幕末に捕えられ六角獄舎に投獄されていた志士が
蛤御門の変の際に脱走されないよう、
判決が下る前に斬首されたという事件です。
赤門をくぐると左手は墓地になっていて
平野国臣をはじめ六角獄舎殉難志士37士の名前が
丁寧に記されています。

御朱印もあります。
幕末の志士達に興味のある方は一度、
足を運んでみてはいかがでしょうか?

城南宮

  1. 1update


城南宮(じょうなんぐう)は京都市伏見区にある神社です。
1200年前、平安遷都の際に都の南の守りとして創建されました。

「京都の方除けの社」として知られていて
工事や引越し、家相、旅行などの方位に関する災難を除く祈願に
多くの人が参拝しています。

また、宮中で催された歌会を再現した
「曲水(きょくすい)の宴」という行事は有名で
琴の音色が響く中、平安貴族の装束を纏った人たちが和歌を詠む空間は
華やかな王朝時代さながらです。

そんな城南宮は伏見区の紅葉の名所でもあります。
11月中旬は庭園に植えられた約100本のイロハモミジが色づきはじめます。

近鉄京都線「竹田駅」を降りて15分程歩くと到着するので
紅葉散策のレパートリーのひとつにおすすめです。

大行寺

  1. 1update


大行寺(だいぎょうじ)は京都市下京区にあるお寺です。
仏光寺の隣にあり、長谷山(ちょうこくざん)北ノ院と呼ばれています。
真宗仏光寺派に属し、本尊は阿弥陀如来立像。
重要文化財に指定されています。

度々の災火により焼失し
現在の本堂は昭和4年に再建されたものです。

境内には「仏足跡」という石があります。
足の指先すべてに卍印が入った、珍しい仏足跡です。

普段は拝観謝絶のお寺ですが
写経の会、法話の会に参加するとお参りできます。
周辺は比較的静かで
雰囲気のあるカフェやお店が色々あるので
お参りの後に散策してみるのもおすすめです。

大覚寺

  1. 1update

大覚寺は京都市右京区嵯峨にある、真言宗大覚寺派の寺院です。
嵯峨天皇の離宮として建立されて1200有余年の歴史があり、
嵯峨御所とも呼ばれています。

境内の見所のひとつである「大沢池」は現存する日本最古の人工の林泉。
離宮の面影を残した格式ある景観がとても美しく、
春は桜、夏は蓮の花と、四季折々の彩りを楽しめます。

これから見頃を迎える紅葉の季節には
「真紅の水鏡」と呼ばれる大沢池のライトアップがあり、
夜間の特別拝観を楽しめます。
広大な池の周りを照らされた幻想的な光と紅葉は、圧巻の光景です。

 

Pagetop