古都ブログ

古都ブログ

豊国神社

  1. 1update

全国にいくつか豊国神社という社名の神社はありますが、
いずれも豊臣秀吉公(豊国大明神)を祀っており、
その総本社が京都東山にあります。

豊臣秀吉が一代で農民から天下人にまで上り詰めた出世パワーから、
仕事運・就職・転職・勝ち運などにご利益があるとされています。

本殿の正面には、重厚感のある国宝の唐門があります。
西本願寺・大徳寺の唐門を併せて『国宝の三唐門』と呼ばれています。
扉の下の方には鯉の滝登りの彫刻がされており、
これは中国の故事にある「登竜門」を示し、
「立身出世」を意味しています。

造営当初は門全体に黒く漆が塗られ、
あちこちが金箔で飾られていたそうです。
まさに豪華絢爛な桃山時代の建築を象徴していますね。
金箔は一部少しだけ残っているところもあるので、
目を凝らすと見つけられるかもしれませんよ。

Pagetop