古都ブログ

古都ブログ

鴨川納涼床

  1. 1update

 

京都の夏の風物詩として親しまれている納涼床。

その始まりは、戦乱の後、豊臣秀吉によって橋の架け替えなどの
鴨川整備が行われたことからでした。
鴨川の河原は、富裕な商人が見物席を設けたり、
茶店ができたりと徐々に賑わいをみせました。

江戸時代には、歓楽街や花街が更に整備され、
鴨川沿いには400軒を超える茶屋があふれ、
張り出し式の床机を並べた「河原の涼み」と呼ばれる文化が生まれました。

明治時代になって、78月に納涼床を出すのが定着し、
今では見ることのない、鴨川の両岸に高床式の床が出ていました。
また、三条大橋の下にも河原から張り出した床が出ていたそうです。

現在では、59月までの間、納涼床を楽しむことができ、
格式高い老舗の料理店だけでなく、
気軽に入りやすいカジュアルなお店も増えてきています。

Pagetop