古都ブログ

古都ブログ

有栖川宮旧邸

  1. 1update

「有栖川宮(ありすがわのみや)旧邸」は
京都御苑の南西側にあり
御苑周辺に幾つか残っている、公家屋敷跡のひとつです。

有栖川宮は、江戸時代の1625年に
後陽成天皇の第七皇子である好仁(よしひと)親王によって創設され
大正まで約300年間続きました。
歴代、歌道や書道を極め、皇室からの信任も篤かったそうです。

建物は2007年まで京都地方裁判所長官の官舎として使用された後
現在は「有栖館」として、平安女学院大学の所有になり
茶道、華道、香道、着付けの実習など、
市民講座の場としても利用されています。

写真は烏丸通りに面している「青天門」。
ケヤキ一枚板の立派な唐門で、
大正期の門建築として高い価値があります。
書院造のお屋敷や
「植治」11代目の作庭家、小川治兵衞氏によって
整備された庭園も、見どころですよ。

通常は非公開ですが、春と秋に
京都御所の一般公開の時期に特別公開されます。
春は枝垂れ桜が見られる場所でもあるので、開花の時期に合わせて
公家屋敷跡巡りをしながら楽しむ御苑散策もおすすめです。                 

Pagetop