古都ブログ

古都ブログ

京阪バス発祥の地

  1. 1update


京阪伏見桃山駅と近鉄桃山御陵前駅の間のビルの緑地帯に
「京阪バス発祥之地」と書かれた大きな石碑があります。

「京阪バス」は「桃山自動車」として大正11年に始まり
当時は京阪伏見桃山駅から伏見桃山御陵までの
800メートルを、参拝客を輸送するために
自動車11台でハイヤー営業をしていたそうです。
その後合併や分離を繰り返して
現在の「京阪バス株式会社」になりました。

京都、大阪、滋賀、奈良を走る京阪バスも
元々は800メートルの輸送から始まったのかと思うと
千里の道も一歩からですね。

現在は伏見桃山駅前では京阪バスの乗入れはありませんが
バスファンにとっては有名な場所なのかもしれません。

Pagetop