古都ブログ

  1. HOME
  2. 古都ブログ
  3. 三条大橋の擬宝珠

古都ブログ

三条大橋の擬宝珠

  1. 1update

1864年6月5日、池田屋事件の時の刀傷が今も残る
といわれている三条大橋の擬宝珠です。

※歴史的な裏付けはないそうですが、とても有名です。

擬宝珠の一部は昭和25年に新造されておりますが、
当時のものをそのまま利用したものも残っています。

事件のあった旅館の池田屋は、150mほどはなれており、
現在は石碑が残っているだけとなっています。

上の写真ではわかりにくいかもしれませんが、
右の汚れているところに刀傷が2本あり、
そのほかにも傷がちらほら見受けられ、
左の部分には文字が刻まれています。

東海道五十三次の西の起点としても三条大橋には、
様々な歴史が刻まれた場所として必見です。

Pagetop