古都ブログ

  1. HOME
  2. 古都ブログ
  3. 京都の町情報

古都ブログ

淀城跡

  1. 1update

 

淀は宇治川、桂川、木津川の三川合流地点であり、
かつて東には巨大な池も広がっていました。
標高11mの低湿地帯のため、
水が淀み「淀」と名付けられたとか・・・。

淀城は江戸時代に徳川秀忠の命により松平定綱が築いた城です。
また、豊臣秀吉の側室である茶々が
「淀君」と呼ばれる由来となった城でもあります。

現在は淀城跡公園として整備されており、
石垣や天守台が残っています。

清凉寺

  1. 1update

清涼寺は、東大寺出身の僧侶、奝然(ちょうねん)が
中国(宋)から持ち帰ってきた釈迦像を安置するため、
1016年に奝然の弟子・盛算によって建てられました。

この釈迦如来立像(国宝)は、
胎内に絹製の五臓六腑が入っていたことから
「生身の仏像」とも呼ばれています。

境内にある一切経蔵の中には、
お経が納められている輪蔵という巨大な厨子が安置されています。
輪蔵は、一度回転させるとお釈迦様がお説になった法典を
すべて読んだのと同じ功徳が得られるといわれ、
平安時代から室町時代にかけて盛んに造られました。

現在は非公開となっている寺院が多い中、
清凉寺の輪蔵はなんと実際に回すことができます。
高さが2m近くある巨大なもので、
美しい装飾が施されているのが特徴です。

ぜひ貴重な体験をしに清凉寺に訪れてみてはいかがでしょう。

瑞泉寺

  1. 1update

三条木屋町の繁華街の中にひっそりと佇む瑞泉寺。
この場所で今から400年前に悲しい事件が起こりました。

豊臣秀吉から関白の位を譲られ聚楽第に住した秀次が、
悪逆の汚名と、謀反の罪を着せられ、切腹させられました。
1595年に高野山で自刃させられた後、
その子供5名と妻妾34名の計39名の一族が三条河原で公開処刑されました。

瑞泉寺に伝わる絵縁起によれば、
一族の遺骸を埋葬した処刑場の地には大きな塚が築かれ、
塚の頂上には秀次の首を納め「秀次悪逆塚」と刻した石塔を据えて
往来人への見せしめにしたという。

16年後、角倉了以が高瀬川の開削の際に荒廃した塚と石塔を発見し、
大層心を痛め、無念の死をとげた一族を弔うためにこの瑞泉寺を建立しました。

東本願寺

  1. 1update

 

浄土真宗「真宗大谷派」の本山で、
西本願寺と区別して一般に東本願寺と呼ばれています。

宗祖親鸞聖人の亡き後、聖人を慕う多くの人々によって
聖人の墳墓の地に御真影を安置する廟堂が建てられました。
これが東本願寺の始まりです。

はじめに出迎えてくれるのは、京都三大門の1つである立派な御影堂門。
境内には、御影堂・阿弥陀堂をはじめ、数々の歴史的建築物が点在しています。
その一つ一つが京都の近代和風建築を代表する貴重な文化財です。

東本願寺は、たびたび火災に遭っており、
現在の建物はいずれも明治時代からの再建ですが、
真宗寺院の典型的な様式と配置で再現されています。

本教寺

  1. 1update

本教寺は、京都伏見の大手筋商店街にある寺院です。
「大手筋の妙見さん」と呼ばれて地元の人たちから親しまれています。

境内には、徳川家康の次女・篤姫が秀吉より贈られた牡丹が植えられており、
「慶長牡丹の寺」とも呼ばれています。
牡丹は毎年4月中旬頃に美しい花を咲かせてくれます。

また、本教寺は「十二支妙見めぐり」の「午(南)」の寺として信仰を集めています。

「十二支妙見めぐり」というのは、江戸時代中期に、
京都御所の紫宸殿を中心に十二支の方角に、
各々妙見菩薩を祀ったことに始まり、
江戸時代を通してこの十二のお寺を順番に訪問して、
開運や厄除けを祈願することが大いに流行りました。

しかし、明治時代になるとやがて衰退してしまったとか・・・。

昭和61年、京都の日蓮宗のお寺を中心として「洛陽十二支妙見会」が発足し、
再び「十二支妙見めぐり」が復活しました。
現在の12のお寺は、江戸時代とは大半が入れ替わっているようですが、
当時の歴史と伝統を今に伝えようとする試みのようです。

10 / 20« 先頭...89101112...20...最後 »

Pagetop