古都ブログ

  1. HOME
  2. 古都ブログ
  3. 京都の祭・イベント情報

古都ブログ

渡月橋

  1. 1update

渡月橋は嵐山のシンボル的な存在で、
四季折々素晴らしい景観を楽しむことができる人気の観光スポットです。

渡月橋と呼ばれるようになったのは、
鎌倉時代に亀山天皇が、満月の晩に舟遊びをされた際に、
月が橋の上を渡るように見え、
「くまなき月の渡るに似る」と詠われたことに由来しています。

この地に最初に橋をかけたのは、空海の弟子である道昌という僧でした。
その後、橋は洪水や戦乱などによって度々破壊されており、
その度にかけ直してはまた壊れ・・・
というのを歴史と共に何度も繰り返してきました。

現在の渡月橋は、昭和9年に造られたものです。
橋脚が鉄筋コンクリート製で、上の欄干部分は和製のヒノキで出来ています。

毎年12月には、「嵐山花灯路」という期間限定のイベントが開催され、
渡月橋がライトアップされます。
周りの山々や水辺も幻想的に照らされ、非日常の景色が拡がります。

神明神社

  1. 1update

街中にひっそりと佇む白色の鳥居。
神明神社は、かつて榎の大木があり、「榎神明」ともいわれていました。

この社にまつわる面白い言い伝えがあり、
それは「平家物語」の中にも登場しています。

平安時代末期の近衛天皇の時代、
頭は猿、尾は蛇、手足は虎の「鵺」という怪鳥が出没して、
毎夜都を騒がせていました。
弓の名手として知られていた源頼政は、
勅命によってこの鵺退治を命じられます。
頼政は神明神社に参籠して退治の成功を祈願し、
見事この怪物を退治することができました。
頼政は神明神社の御加護に感謝して、
この時に使った弓矢の「鏃(やじり)」2本を奉納しました。

「鏃(やじり)」は今でも9月の第2土曜日とそれに続く日曜日の
祭礼の時に飾られています。

弘法市

  1. 1update

世界遺産の東寺の境内で、毎月21日にだけ行われる縁日です。
地元の人からは「弘法さん」と呼ばれ親しまれています。

1200~1300店もの露店が立ち並び、骨董品や古着などの雑貨だけでなく
京野菜やお酒などの食も楽しむことができます。
一般のフリーマーケットとは異なり、業者さんが出店されているので、
専門性とクオリティーが高い品々が多く並んでいる気がします。

毎月約20万人もの人が訪れており、
老若男女様々な人で活気に溢れています。

また、毎月第一日曜日には骨董市(がらくた市)も開催されており、
こちらもたくさんの人で賑わっています。

ぜひ一度足を運ばれてみてはいかがですか?
素敵な掘り出し物が見つかるかも・・・!? 

御香宮神社

  1. 1update

日本第一安産守護之大神である神功皇后を主祭神としている神社です。

神社の境内から良い香りのする水が湧き出し、
飲むと病気が治ったということから、
清和天皇によって「御香宮」という名が付けられました。

この境内に湧き出る御香水は、
徳川家代々の産湯として使われていたことでも知られています。
1986年(昭和60年)には名水百選の一つにも選ばれており、
今でも水を汲みに神社を訪れる方もたくさんいるほどです。

他にも、重要文化財の表門や鮮やかな色彩の本殿など
見所いっぱいのスポットです。

毎年10月上旬に行われる神幸祭りは、「伏見祭」といわれ、
伏見随一の祭としても有名です。

祇園の夜桜

  1. 1update

春の訪れと共に、京都では各所で桜の見頃を迎えています。

その中でも京都を代表する桜として有名な祇園の枝垂れ桜があります。
円山公園の敷地内にあり、
その美しく荘厳な姿は圧倒される存在感を放っています。

正式な名称は「一重白彼岸枝垂桜」といい、
桜の種類の中では最も長寿なものだといわれています。
現在は樹齢約80年を数える二代目で、
初代の枝垂れ桜は天然記念物に指定されましたが、
昭和22年に樹齢220年で枯死してしまいました。

現在、日没~24時まで夜間ライトアップが行われており、
公園内は花見客で賑わいをみせています。

ぜひ、お仕事帰りに春の京都を楽しみに足を運んでみてはいがでしょうか。

Pagetop