古都ブログ

  1. HOME
  2. 古都ブログ

古都ブログ

本教寺

  1. 1update

本教寺は、京都伏見の大手筋商店街にある寺院です。
「大手筋の妙見さん」と呼ばれて地元の人たちから親しまれています。

境内には、徳川家康の次女・篤姫が秀吉より贈られた牡丹が植えられており、
「慶長牡丹の寺」とも呼ばれています。
牡丹は毎年4月中旬頃に美しい花を咲かせてくれます。

また、本教寺は「十二支妙見めぐり」の「午(南)」の寺として信仰を集めています。

「十二支妙見めぐり」というのは、江戸時代中期に、
京都御所の紫宸殿を中心に十二支の方角に、
各々妙見菩薩を祀ったことに始まり、
江戸時代を通してこの十二のお寺を順番に訪問して、
開運や厄除けを祈願することが大いに流行りました。

しかし、明治時代になるとやがて衰退してしまったとか・・・。

昭和61年、京都の日蓮宗のお寺を中心として「洛陽十二支妙見会」が発足し、
再び「十二支妙見めぐり」が復活しました。
現在の12のお寺は、江戸時代とは大半が入れ替わっているようですが、
当時の歴史と伝統を今に伝えようとする試みのようです。

祇園祭 -鉾建て-

  1. 1update

 

今年もいよいよ祇園祭の季節がやってきました!

街のあちらこちらで準備が着々と進められており、
7月から始まった祇園祭も
いよいよフィナーレを迎えようとしています。

7/10から各町では巡行の山鉾が収蔵庫から出され、
鉾の組み立てが行われています。

鉾の組み立てには釘を一本も使用しない
「縄がらみ」という伝統技法を用い、
職人たちによって組み上げられていきます。

完成された姿も豪華絢爛で美しいですが、
こうして一から匠の技で組み立てられた工程をみると、
より感動が深まりますね。

わら天神

  1. 1update

 

 

わら天神は京都で古くから安産にご利益があるとされてきた神社です。
その通称が定着していますが、実は正式名は「敷地神社」と言います。

その由縁は、古来より稲わらで編んだ籠にお供え物を入れて神様に捧げており、
やがて抜け落ちたわらを安産のお守りとして妊婦さんに授与するようになりました。
そのわらのお守りの珍しさから 「わら天神」の通称が広まり定着したのだとか。

わらに節があれば男の子、なければ女の子が産まれるとの言い伝えがあります。

安産祈願で人気の戌の日には、全国各地からも多くの参拝客が訪れます。

また、無事出産を終えた人がお礼参りで奉納したよだれかけが本殿のそこらじゅうに
かかっている風景はとても珍しく、家族が増えた喜びなど、
メッセージを読んでいるだけでも微笑ましくなってきます。

御金神社

  1. 1update

 

御金神社は、金運アップのパワースポットとして近年人気を集めています。

訪れてみると、まずはインパクト大の金色に輝く鳥居がお出迎えしてくれます。

境内には、金の鈴緒、金印の瓦紋、福財布などの金運グッズがあり、
いかにも運気がアップしそうな雰囲気です。

御金神社の御祭神は、製鉄の守護神として知られている金山毘古神です。
本来は、生活の中で用いられる金属全般(剣、刀、鏡、鋤、鍬など)に
ご利益を授ける神様なのです。             

現在は金属を司る神様ということが転じて、通貨の金・銀・銅も金属であることから、
金運の神様としての意味合いの方が強くなってきており、
金運上昇を願う参拝者で賑わっています。

24時間いつでも訪れることができるそうなので、
時間を気にせず参拝できるのはいいですね。

渡月橋

  1. 1update

渡月橋は嵐山のシンボル的な存在で、
四季折々素晴らしい景観を楽しむことができる人気の観光スポットです。

渡月橋と呼ばれるようになったのは、
鎌倉時代に亀山天皇が、満月の晩に舟遊びをされた際に、
月が橋の上を渡るように見え、
「くまなき月の渡るに似る」と詠われたことに由来しています。

この地に最初に橋をかけたのは、空海の弟子である道昌という僧でした。
その後、橋は洪水や戦乱などによって度々破壊されており、
その度にかけ直してはまた壊れ・・・
というのを歴史と共に何度も繰り返してきました。

現在の渡月橋は、昭和9年に造られたものです。
橋脚が鉄筋コンクリート製で、上の欄干部分は和製のヒノキで出来ています。

毎年12月には、「嵐山花灯路」という期間限定のイベントが開催され、
渡月橋がライトアップされます。
周りの山々や水辺も幻想的に照らされ、非日常の景色が拡がります。

1 / 1112345...10...最後 »

Pagetop